交通事故の慰謝料の基準について

車社会となっている現代では、便利な乗り物となっているにもかかわらず、それに関連する交通事故が多くなっているというのも事実です。


実際に交通事故が発生したときにはケガの治療費などたくさんのお金が必要になります。
これらのお金をすこしでも補償するために慰謝料などの制度が設けられています。

そこで知っておかなければいけないことは、交通事故の慰謝料には2つの種類があるという点です。

それが入通院慰謝料と後遺障害慰謝料になります。

交通事故の慰謝料の情報をまとめた一度は訪れて欲しいサイトです。

後遺障害に関しては、後遺症が後遺障害として認められたときに支払われるようになっています。



この認定や手続きに関しては基本的にスムーズに進められるようになっています。

朝日新聞デジタルに関する情報に追加しています。

しかし最近ではこの算定基準が少し厳しくなっており、とくに14級という物に関しては後遺障害の認定が厳しくなっています。


したがって事前に相談をしておくようにします。


どちらかというと問題になるのが入通院の方になります。

これは被害者側の知識が乏しいと言うことなどが関係しています。
入通院の費用の計算方法は自賠責基準による計算式があります。この場合入院に関しては入院期間で、通院は実際に通院した日数を2倍した物で、治療期間を比較したときにどちらか少ない方の日数が適用されるようになっています。
自賠責保険の計算基準は法律で決められているので、慰謝料は1日4200円となります。

このほかに任意保険基準による計算式や弁護士基準の計算式があります。